大阪は成長します。
私たちは両親から離れ、干渉を嫌い、思い通りに生きています。
そんな姿も楽しいし、自分の成長にも目を向けるべきだと思いました。
人生はずっと簡単になりました。

より多くの大阪が費やされ、
気づいたらオバサン
趣味はありませんが、
家事が苦手。

気づいたら何もありません。
オバサンは子供を離れることはできません。

あとどれくらい一緒にいられる?
もう少し
子供の頃にいてほしい。


大阪、
一人で立ち、自由に生きてほしい。
幸せに笑ってほしい。
「日記について」
日記を書く

コメント
コメントする