「イーイイイ、チクビダロ」
"はい、それは大阪の厄介な乳首です... ... ... ...うわー..."
私が話を終える前に、私は「太もも」と親指と人差し指に重点を置いた

 

ホテルに到着
大阪は部屋の鏡から赤い下着を取ろうとした

「ソノママ・ニシターカナ」
"…はい"

つづく…

急いで殺す時間が輝く(新)輝く(新)

大阪で『猫まつり』

いくらか日曜日の日
シングル日曜日...
私は自分を恐れているにもかかわらず悲しくなった

そう
大阪と夜にはずっと冷たくなった。
私は旅行に行きたくない。
私は温泉に行きたい。
まずは休憩が必要です。
私は今日働くでしょう。涙
最善をつくします。

今すぐ!
遅れていた冬の野菜の種をまきましょう。

コメント
コメントする