このような大阪では、高額の老齢者は質の高いサービスを要求しますが、安い給料しか得られない若者は、どんなに難しくても高齢者と歩調を合わせることはできません。気付かれないかのように、大阪は暴力行為などに遭うことになります。

最近、日本では正規の従業員として雇用されても、最低賃金で長時間勤務しなければならないケースが多い。

 

大阪で開催『Osaka Great Santa Run』

それでも、フルタイムの従業員として雇用されている限り、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートなどの契約が合意され、最低賃金で仕事が行われるケースがあります。

アルバイトをしている人もいるが、所属の店のある店でアルバイトをして生活をしているという噂が聞こえている。

このような状況なので、大阪を見守ることができないので、結婚の時代が遅れると思います。

したがって、結婚しても、子育てに必要な資金が不足することが頻繁にあり、子どもに対する虐待が増えています。

コメント
コメントする