私が同居すれば、小さな大阪でも、親の考えよりも、大人の本当の意図を見ることができると確信していると思います。
私は、大阪が醜いプロファイルは保存できないかもしれないという理論を提唱します。

つい最近眼鏡店に行きました。

大阪で『眼と心とかたち「学芸員N」が出会った大阪府20世紀美術コレクション』が開催。

私は待っている間私は自由であるので、私は動き回っていました。

眼鏡店なので、いろいろなところに鏡があります。

大阪、これらのメガネはどうですか?試してみるようなものだと思います。

ところで私は連絡しています。

いい加減にして。

私はショックを受けたし、そのプロフィールが鏡に掲載されている男を見た。

私はこのように翻訳しました。

「うわー…この男は……白い帽子が着ているのは…」

コメント
コメントする