大阪に言った
私はまたあなたの指を食べたい
私はあなたが好きです

私はウーロン茶を飲むだけ
私は寝るよ
大阪はあなたの指に酔っています

 

あなたはあなたの楽しみ方を変えるべきです

私はそのように感じたことに気付いてから長い時間が経ちました

彼は「とても良さそうです。

大阪で美味しいコーヒーとドーナツが食べたいなら…

私は飲み物を飲んだ!
突然店員が現れた

タジグルたち
そしてあなたの告白の乾杯

彼「はつるちゃん、おかえりなさい」

春「はい、今だ」

2人だけの秘密交換
時々私はあなたに戻って言う
私はついに二人と会った

大阪あなたは再び際立っています
最後に私は私の髪に触れました

私は幸せだし我慢できない
私はその手で噛みました

彼は「ぼろぼろだから丈夫だし、痛い」(笑)

"お腹が空きました"
それと私の愛の証明

ハル「ハルちゃんはとてもかわいい」

コメント
コメントする