それはいつも大阪をきれいにしてきれいにして、そして私に多くの物語を言った尊敬された祖母でした。

 

それからそれは光のない暗い窓でした。

 

ある朝、大阪鳥が私のそばにやってきました。

とても美しい羽のような小鳥でした

大阪で開催「まんパク in 万博 2017」

「チュ!チュ!」
私は私に話しかけました。

 

「ごめんね窓
うーん、元気です。
大阪! 「


私はかわいい小鳥に恋をしました。

私は彼女が毎日出るのを待つことができませんでした。

コメント
コメントする