"ところで。
あなたはなぜこれをやっているのですか。 「


「あなたは説教しますか?滋賀で出会い
それとも説得しようとしていますか?
あなたは今私に抵抗すべきではありません。 「


(いいえ
それでも情報は違います。
時間だけが過ぎます。 )滋賀で出会い

 

その時、消防車が近くを通り過ぎた。

(うーん…マッド…近すぎるよ。
嫌いです。滋賀で出会い
偶然ですか?

 

滋賀出会い


しかし、あなたが話しているのと同時にあなたが消防車の音を聞くことができることは稀です。
そして彼は気づいているようです。 )


それはかすかですがマイクを通して聞こえる消防車のサイレンの音。


高木はステラは遠くないと確信していた。

滋賀で出会い
(なぜ今まで気付かなかったのか…
あなたが以前にそれを見逃していない場合は注意すべき点があるはずです...)

 


「しおり、な?
ご飯を食べませんか。 「

滋賀で出会い
「え?
でもそれだけです…」


高木はそれと関係があると感じました。


"あなたは何を食べたいですか?
今のところ、あなたはコーヒーに入りますかEショップはありますか? 「


それから彼らは喫茶店に行きました。

このカフェにはタカキが何度か来ました。滋賀で出会い

 

そして喫茶店に入ったとき、塩織はそれを読み、食事の話を切りました。


「もしそうなら私はナポリタンと一緒にいるでしょう。
食事の後はコーヒーを飲みましょう。 「


2人は注文が終わったときにテレビを見ていました。


この店にはテレビがあり、店主は顧客が来るまでテレビを見ながらタバコを吸っているときに知っていました。


私はいつもそのニュースを見て自由になるでしょう。

私はテレビがあると思った。
私は私がいつもそのニュースを見ていることさえ知っていました。

 

「南区のビルでは以前より火事がありました。
死傷者はいませんが、消防署と日本が火災の原因を調査しています。

コメント
コメントする