このダイアリーを読んでくれた皆さん、

滋賀出会い
もし興味を抱いていただけたら、
この曲をチェックしてみてくださいませ♪ 

滋賀の出会い
物心ついた頃から
ずっと朝から晩まで、盆も正月もないような感じで働いていました。


二人とも特に何か趣味があるわけでもないし、滋賀の出会い
少ない休日でもほとんど出掛けてなかったと思います。

 

幸い自分には
音楽をはじめ趣味や多少の楽しみを持つことができたけれど、滋賀の出会い

そんな親の背中を見て育ったせいか、
「夢」だの「成功」だの
そういう欲望を持ったことはありませんでした。

 

昨日の通り魔事件の犯人は
どんな人物なのかは分からないけれど、同年代ということもあり、

よけいにいろんなことを考えさせられました。

 

誰かが言ってたように

「人は滋賀の出会い
生まれて、生きて、死んでいく。それだけで十分じゃないか」

 

僕はそんな人生でいいと思うし、

あらためて親にも感謝しないといけないですね。 

 

滋賀の出会い
写真を表示
「作家・ビートたけし」を特集した雑誌を読んで、


そのなかで、
この方とデヴィッド・ボウイとの類似点が語られていたり、
興味深く、おもしろく読むことができました(^.^)

 

さらに、ビートたけしという人は滋賀の出会い
「一つの場所に留まらない」という意味では、ボブ・ディランとも似ているということに気付いたり。

 

コメント
コメントする