フランシスコ・ロペス・ジメネスとメイヨー・クリニックの同僚による研究によると、

 

滋賀出会い掲示板

犬を飼うことは心臓の健康に良い影響を与える可能性があります。この研究では、犬は心血管疾患のリスク因子が少なく、運動が多く、健康的な食習慣があり、そうでない人よりも血糖値が低い傾向があることがわかりました。低いことがわかった。
犬を飼っている人は、犬以外のペットを飼っている人よりも運動と食習慣が優れています。
★詳細については、Mayo Clinic Proceedings:Innovations、Quality&Outcomesの5月号を参照してください。


ロペス・ヒメネスは言った、滋賀の出会い掲示板
「犬を飼うと運動の機会が増えると簡単に想像できます。運動習慣は犬の低血糖に関連している可能性があります。」私が持っています。しかし、犬を飼うことが食生活の改善に役立つ理由は明らかではない、と彼は言った。 「それは、犬を飼い、食生活を改善することに直接関係しないかもしれません。」滋賀の出会い掲示板

過去の研究では、犬を飼うことの利点は運動量の増加だけでなく、犬が飼い主の家族の一員となり、精神的なサポートを提供することも示されています。滋賀の出会い掲示板

ロペス・ヒメネス、
「犬がいると孤独感が減り、世話をする必要がある使命感が生まれます」と彼は推測します。滋賀の出会い掲示板

これは、犬を飼うことが心臓に良い影響を与える可能性があることを示唆する最初の研究ではありません。
2013年に、AHAは、犬をペットとして飼うことは心血管疾患のリスク低下に関連する可能性があるという声明も発表しました。
声明の筆頭著者であるベイラー医科大学のグレン・レヴァインは、良い研究データは、犬が飼い主の身体活動を増加させることができることを示しているため、これは犬が得ることができる直接かつ最大の利益であることを説明していますより間接的な利点として、犬の存在はストレスを軽減し、他の人と関わり、幸福を増やし、自分の健康管理を改善するかもしれません。滋賀の出会い掲示板

コメント
コメントする